結婚相談所を利用する人とは

結婚相談所に登録を行って実際に利用している人はどのような人々なのでしょうか。

まず年齢層ですが、男性の場合30代後半から40代が最も多く、女性の場合は20代後半から40代が最も多くなっています。

しかし中には50代から60代、70代の方もおられます。

離婚や死別によって新たなパートナーをお探しの方も少なくないようです。

高い年齢層の方の方が婚活に積極的となるケースが多いようです。

結婚相談所の会員となっている方の男女比率はほぼ同率となっています。

インターネット型の結婚相談所の場合は6:4の割合で男性が多くなっています。

また地方都市などは女性の比率が高いケースも見られます。

女性の登録者は条件や容姿が高水準な方が多く見られます。

 

結婚相談所を利用する女性

一般的な出会いの場では巡り合うことが出来ないような方もたくさんおられるところに特徴があります。

男性の会員にも条件、容姿共に高水準の方がおられますが、同様の女性に比べるとその割合は低い傾向にあります。

また結婚に対する積極性も女性の方が高い傾向があります。

逆に結婚適齢期くらいの男性の結婚に対する意識の低さが目立っています。

今後は若い男性の婚活への意欲を高めることが必要になるでしょう。

現在結婚相談所のイメージはかなり変化してきています。

特に東京などでは高水準の方に巡り合うためには結婚相談所を利用するという人が増えています。

しかし地方に行くとまだまだ結婚相談所に偏見を持っている方がおられるのも事実です。